会社をクビになった。そして、自由を手に入れた。

谷底に突き落とされるような最悪の状況であっても、
よりよい方向に考えることができれば、よりよい結果に繋がる。

もし、会社をクビになったら……

  • そこで立ち止まって、人生の終わりだと絶望するか。
  • クビになったことを「やったー!」と、喜ぶか。

誰がどう考えても、後者が結果的にはいいだろうとわかる。

しかし、ほとんどの人が前者を選ぶ。

少し前に、話題になった

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)」

  • 会社に行きたくないから、死ぬ。
  • 死ぬくらいなら、会社辞めて他の仕事探す。

追い詰められている人には、前者しかないのだ。

後者の選択肢を考える余裕さえ無い。

谷底にいる人の前には、1本道しかない。

自分では気がつくことができない人には
周りの人が違う道に誘導してあげる必要がある。

「自分は大丈夫、そんな罠に嵌ったりしない」と思っていても
いつの間にか何かが体にぐるぐると巻きついて離れなくなるので要注意。

明日から、仕事がない=死

この考えは、大袈裟に聞こえるかもしれないが

仕事だけが生きがい、仕事以外何したらいいかわからない

こんな人が意外と多い。

定年したお父さんが一番当てはまるかもしれない。

仕事していた時間が、まるまる暇になってしまう。

特に趣味もないから、1日ぼーっとする。

何もしないと、すぐボケる。

動かなくなる。

静かだが着実に死が近づいてくる。

趣味は、早くから見つけておいた方がいい。
もしくは、定年したらやりたいことをピックアップする。

家で毎日ぼーっとテレビを見ているお父さんに
何かしらの遊びを提案してあげるのもいいかもしれない。

最近、話題の将棋や、囲碁、ちょっと不健康なイメージのある麻雀も
最近は、老人が集まって気軽に参加できる健康マージャンというのもある。

今の状況がどうであれ、喜ぶ事が出来る人が幸せになれる。

突然の失業に、喜べる人はなかなかいないだろう。

しかし、今までずっと働き詰めだったのだ。

少し、ショックを受けて落ち込んだ後は、ちょっとした休みが取れると喜ぼう。

今のところよりもよい環境の仕事場を見つけるぞ! と前向きに考えよう。

もしかすると、キャリア採用で報酬もアップするかもしれない。

辞めてマイナスになる事は、ほとんどない。

もし、なんで辞めたのか聞かれたら堂々とポジティブな言葉を並べ立てよう。

別に、クビになったなんて言わなくてもいいし
泣き言も、ネガティブな事も口にしなくていい。

ただただ、次へ進むためにここへ来たと胸を張って言えばいい。

どんな逆境にも、何かしらの利点がある。

クビになっても、キャリアアップのために転職していると考えればすぐ谷から抜け出せる。