『幸せなお金持ちになる すごいお金。』

和田裕美さんがお金の話を書いたわけ

古宇利島の伝説の話が書かれています。

むかしむかし、島には神様の力により、
毎日空からお餅が降ってきまして、
そこに住む男女は、そのお餅を食べて暮らしていました。

しかし、あるとき、もしかしたら
いつかこのお餅が降ってこなくなるかもしれないと
心配になった男女は、お餅を備蓄するようになりました。

すると、天からお餅が降ってこなくなりました。

その後、お餅がなくなった男女は
魚を獲ったりして、働いて暮らしましたとさ。

そう、不安を感じた瞬間、お餅が降らなくなったのです。

イコール、お金がない、どうしようと心配、不安になった時点で
お金は降ってこないということです。

お金の不安をなくすって言うのは簡単だけど

実際は、どうしたらいいの?って感じなんですが
自分はお金をたくさん持っているという感覚を味わう。

その感覚ってどう味わえばいいの?てことなんですが。

天国貯金という発想

簡単に言うと、自分が幸せに感じた瞬間に値段をつけて
それを天国の口座に貯金するって感じですかね。

突然ですが、今日、美容室に行ってきました。

最近気になっていたイルミナカラーというのを体験してきました。

それと、伸びきった髪のカットと、ギッシギシの髪の毛のトリートメントと
よくわからない炭酸ナントカを3時間かけてやってきました。

久しぶりに美容室に行ったのですが、誰かに何かをしてもらうって
なんとも幸せなんだなあと感じました。

もっさもさの髪の毛が綺麗に整えられていく……まさに天国。

この3時間10,000円で体験できましたが、
この3時間には、それ以上の価値がありました。

私が、この3時間に値段をつけるなら、そう3,000万円くらいでしょういか。

本当に、極楽な時間だったので、また明日もシャンプーして欲しい!

と、思うくらい快適でした。

私の解釈的には、これが天国貯金です。

10,000円払った体験で、3,000万円の天国貯金ができた

こうやって、幸せな体験をしたら、どんどん天国へ貯金していきます。

先輩が、晩御飯をおごってくれた!嬉しい!ありがとう!1,000万円!

子供の寝顔が、めちゃかわいい!1億円!

みたいな感じで、どんどん天国貯金をして億万長者へなりましょう。

自分だけが幸せではだめ

他の人からもらった幸せは、還元しなければいけません。

お金は循環させなければいけないのです。

そこで、幸せをくれた人に、お返しをしましょう。

先輩や恋人に、奢らせてばかりではなく、

お返しにそんな高くなくてもいいのでプレゼントをしたり
お金がなければなにかしらの行動で助けてあげたりしましょう。

などなど、天国貯金に関することが山ほど書かれています。

なんでもいいので、ひとつずつ実行して、天国貯金をいっぱいにしよう。

ということで、美容室へ行ってきました。

できることからこつこつと楽しみ、
幸せを感じながら天国貯金を貯めていきましょう。

ちなみに、昨日の夜この本を読み終えて今日の朝一、ホットペッパービューティーで美容室予約しました。

24時間いつでもどこからでもネットで予約ができる。

昔は、美容室に電話するのが嫌でたまらなかったのですが

今は、本当に便利な世の中になりました。

ありがとうございます。幸せです。1,000万円ヽ(;▽;)ノ