時給800円のフリーターから年収1000万円の一流の社会人になる70の鉄則

時給800円? いいじゃん! と、感じてしまっている自分

私が、初めてアルバイトを経験した時の時給は640円くらいでした。

今では、ありえない時給ですが、
その時代では、平日の昼間なら平均的なくらいで

その業種の中だけで言えば、めちゃいい方でした。

まあ、初めてのアルバイトだったし、時給とかあんまり
気にしないで選んだのですが、本当に雀の涙でしたね。

まあ、学生だったので、フルで入っていなかったからなのですが
もっと、効率よく稼ぎたいと思うようになり、

時給800円のアルバイトへと流されることになりました。

時給640円から時給800円の仕事へ変わってみて

やはり、時給がいいだけあって、覚えることも多いし、

やることも多いし、バッタバタ動き回らないといけないし
めちゃ、帰るの遅くなるし、当たり前だけどしんどかったです。

時給800円でしんどくなるなら年収1000万円稼ぐのって……

年収1000万円稼げるようになるために伝授された70条の鉄則。

私は、なにひとつできていないことに気がつきました。

むしろ、それを回避回避しまくりながら生きてきましたので。

第1章 今すぐはじめろ。すべての「スピード」を一秒でも速め続けろ

移動時間について書かれているものがあるのですが
私は、真逆の行動をついついとってしまいます。

第3条:東京⇔横浜の移動は、新幹線

新幹線なんて、高くて乗れません。
普通電車を乗り継いで行く方法でいいじゃないですか。

第4条:歩くスピードを2倍にせよ

早く歩くのも、得意ではありません。
周りの景色をボーっと見ながらふらふら歩いていいじゃないですか。

第5条:5分以上は即タクシー

タクシーなんて贅沢ですよ。
徒歩で行けるなら徒歩で、ちょっと遠ければ自転車でいいじゃないですか。

なんて、のんきに考えていたんです。

まあ、それは私にはそういうのんびり生きられる時間があったから。

年収1000万円も稼ぎ出す一流の社会人は、

私がてれてれ歩いて時間を浪費している間に、
仕事をして何万円も稼ぎ出しているのです。

稼ぐということは、四六時中、仕事一筋なのです。

時間もタダではないんですね。

時間があるからこそ、働いて、稼ぐことが出来る。

時間がなければ、稼ぐことができないのです。

そんな、大事な時間を、私はふらふらしながら消費しています。

これは、改めなければいけないなと思うところでした。

第21条:財布は2つ、できれば3つに分けろ

これも、今まで何回もチャレンジしようとしてきたものですが
なかなかできないんですよね。

なんといっても、ひとつにまとまっていたほうが
何個も出さなくていいから便利ではないかと思うんです。

でも、違うんですよね。

逆に、グチャグチャになって、もたもたしてしまうんです。

毎回、小銭とお札を一緒に入れられるものを購入して、
最初はワクワクして使うんですが、いざというとき

小銭が取り出しにくい……。

カードがかさばって、パンパンになる……。

次回こそは、こんなことがないように
スマートに財布を購入してみせます。

その他に、当たって砕けろ的な内容も、多々

その全ては、自己責任でお願いします的な内容ですが
本当に日本は、恵まれているんだなとつくづく感じます。

新築の綺麗な家に住んで、使い放題の綺麗な水、

いつでも快適に湯船につかり放題、ふかふかの布団で寝放題。

なんでも、やりたい放題なのですから。

死ぬ気でやれば、なんでもできるということでしょうか。

その一歩を踏み出す勇気をくれる1冊でした。

明日から、本気出す。今度、時間ができたら。

それでは、手遅れなんだって、気が付けないほど、今日も平和です。