夢って本当に謎なことばっかだな

私は、焦っている。はあはあ言いながら教室のドアを開ける。

なぜか分からないが国語の授業に遅刻した。

国語担当の先生が遅刻に厳しく、なぜ遅刻したのかも聞かず追い出そうとした。

授業を受けさせてください! と何とかお願いしようとしたが、聞く耳持たず。

そのまま教室を追い出されてしまった……。

それを他の先生に抗議しに行った。

が、次の国語の授業に出ればいいではないかと簡単に言われ。

次の時間はまた他の授業があるのに……と抗議したが、

それなら全部ひとつずらして受けなさいと言われた。

この学校どんなシステムなんだよ。

そんな学校聞いたことないぞ。

通信学校かよ。

あらかじめ録画した動画流してるのかよ。

と突っ込みたくなるシステムの学校にうんざりして

こんなことバレたらおおごとになりますよ! と心の中で叫びながら目を覚ます。

夢の中でも、本当に思っていることを口に出せない私。

なんとも目覚めの悪い夢であるが、久しぶりに学生気分を味わった。

今さら、学校に行けと言われたら行けるのだろうか。

大学とか4年も通うことができるのだろうか。

そんなことも考えた。

あの時は、特に考えることなく近くの学校を選んで通っていたが

今あの時に戻れるのならもっと考えて行動していたかもしれない。

若い時は本当になんにも考えていなかったんだなと思う。

いや、あの時はあの時なりに自分で考えていたのかも。

もう思い出せないけどね。

今までの人生の分岐点が今になって見える。

あの時は全然分岐なんてないと思っていた。

この道しか自分にはないと。

でも、それは自分がそれ以外の選択肢を見て見ぬふりをしていただけだったのかもしれない。

勉強するのが面倒くさくて推薦された高校を選んだ時も、

本当はもっといい進学校に行けたはずなのにそれを見て見ぬふりをした。

大学進学も先生に薦められた大学には行こうとしなかった。

その大学は学費が相当高かったし、あと4年も勉強しないといけないなんて信じられなかったからだ。

でも、今はあの時もっといい学校に行ってちゃんと勉強していればよかったと思う。

いい学校に行っていなくてもいい、ただもっとちゃんと一生懸命勉強しておけばよかったと。

勉強は、どんな環境で勉強しているかではなく、自分がどれだけ勉強に対して積極的であるかだ。

だから、私、今からでもちゃんと勉強すれば取り返せる! よし、マイペースに頑張るぞっ!

そう、思わせてくれるような意味不明な夢でした。

私は、今日も、この世界で生きている。

息をして、ご飯を食べて、テレビを観て、笑って、そして寝て、意味不明な夢を見る。

おやすみなさいzzz