学校の図書館ってこんなに楽しい場所だったの?

学校の図書館ってみなさん使うのでしょうか。

大学の頃は、結構立派な図書館があったので何回か行ったこともあったが
中学、高校の図書館には行ったことがないと思う。

そもそも、学校に図書館があったのかと思うくらい図書館の存在は薄かった。

むしろ、図書館に行く時間などなかった。
授業が終われば、すぐに部活に行かなければならないのだから。

部活を卒業してからも、早めに進学先は決まっていたので
受験勉強を図書館ですることもなかった。

そもそも、図書館で勉強するという選択肢がなかった。

絶対そんなところで勉強なんて、はかどらないだろう。

しかし、世間の受験生は市民図書館などで勉強するらしい。

しかも、早い者勝ちで並んでまで、そこで勉強したいらしい。

実際に利用してみたことがあるが、人が密集していて気持ち悪かった。

世間の受験生は大変なのだなあしみじみとした。

授業の終わった教室や、家で勉強したほうがいいのではと思うが
多分、集中力が途切れてしまうのだろう。

図書館に行くと、図書館に使い方などの本があることに気がついた。

図書館の良さを伝える本が集中して集められている一角。

図書館の使い方、図書館の役目、本の探し方など……

読んでみると結構面白いし、図書館の優しさを感じられた。

図書館は、独立した機関で、利用者の秘密は守ってくれる。

私が、貸出した本の履歴、そもそも私が図書館を利用していることも秘密にしてくれる。

私が、学校をサボって図書館で本を読んでいても、見て見ぬふりをしてくれるのだ。

なんと素敵な場所なんだ。

もしかしたら、学校の図書館もそんな場所だったのかもしれない。

何らかの理由で、教室に行けない生徒たちが集っていたのかも、なんて。

だとしたら、きっと素敵な場所なんだろうなと思った。

今回読んだ本の中では、図書館が生徒たちのしたい事を実現できる場所だった。

文化祭でやりたいことを生徒が積極的に準備する場所。

それを、図書館にいる司書さんがまとめて一緒に手伝うという感じの。

そもそも、中学や高校の図書館に司書さんがいるというのに驚き。

みんな知ってるの? これって常識なの? だったら恥ずかしい。

そして、これは極めて珍しい図書館なのかもしれないが

この学校の図書館はカフェ化していたらしい。

羨ましすぎる。

学校にカフェがあったら絶対入り浸る。

というか、大学では研究室がそういう場所なのかな?

私の場合は普通に教室だったけども。

しかし、中学や高校には安らげる場所ってなかなかないはず。

私は、実はあったのだけれど、あれは結構特別な場所であったと思う。

多分、普通の学校には一人になって安らげる場所はないだろう。

そんな中、癒される空間って保健室という印象があるけども、
もしかしたら、図書館もそういう空間のひとつになっているのかな。

もし、現在そうなっていなくても
これから伸びしろはありそうな空間かも知れない。

学校の司書さんが、教室に行きたくない生徒を匿ってくれたら素敵かもしれない。

ただの、妄想だが、学校の中で教師ではない目線があるのは

  • 保健室の先生
  • 図書館の司書さん
  • 給食の栄養士の先生?
  • 用務員の先生?

詳しくは、わからないけどこういう先生以外(?)の意見を持った存在は
生徒にとっては接しやすいのかもしれない。