眉間の間にある第3の眼?!

子供の頃、漫画を嗜むようになってから急激に視力が悪くなりました。

原因は明らかに、漫画を暗い部屋で悪い姿勢で読んでいたから。

一瞬で2.0から0.1の世界へ。

眼鏡ザルといじられるポジションへ。

それが嫌でコンタクトデビュー、そしてドライアイへ。

昔はソフトのコンタクトレンズも使い捨てではないのがあってそれを使ってた。今もあるのかな?

でも、洗うのが面倒くさかったのとすぐ破けるので
速攻で使い捨てに変えた。

超絶便利。

終わった後はすぐ捨てられる。

保存液をいちいち持って行って洗って保管しなくてもいい。

めちゃんこ便利。

でも、便利なだけあって地味に高い。

毎日使うと結構なお金がかかるし、
毎朝装着するのが面倒くさいと感じたり
眼の中にゴミが入ると痛いのと

そしてなによりドライアイ。

目が最高に充血して疲れる。

やはり、眼鏡ザルでいることが一番楽。

本当は、裸眼が一番楽なのはわかっているんだけど
ここまで視力が落ちてしまったらもう手遅れではと思う。

巷では、色々な視力回復トレーニングの本があるが
いろいろ読んではそれで終わってなにもやらない。

その本の殆どが

  • 3Dの画像をみつめる。
  • 眼を激しく動かす。
  • ツボを押す。

というものでその中のひとつになんと視力回復と一緒に
第3の眼も開眼できるというものがあった。

本当なのか、定かではないが
その人は何人もそういう人を知っているという。

第3の眼が開眼すると見えないものがみえるようになる。

ということは、必然に見えるものはちゃんと見える。

それにプラス今まで見えなかったものが見える特典が付いてくる。

お得感。

人間が大好きなお得感満載の本。

この本に出会ったのはヨガからなんだけど
ヨガをすれば色々なものが鍛えられる。

心、頭、身体、全てのコンプレックスから解放される。

少し理解するには難しい事も書いてあったけど
要はヨガを一生懸命取り組んでいれば
大抵のことは解決できるという感じ。

心の弱さも身体の弱さも自分が強くなれると信じていれば必ず叶う。

性格の悪さも、記憶力が悪いのも、自分の頑張り次第でどうにでもなる。

自らがやるかやらないかだけ。

いろんなところを改善したいと思うと
やらないといけないことがますます増える。

これもあれもってなるとめんどくなる。笑

こういう性格も直したいよ〜

まずは、明日朝起きたらカーテンを全開にして
太陽光を浴びながら太陽礼拝をやろう!

後、瞑想もストレスから解放されるためにやって方がいいのだけれど

じっとしていることができない私には結構な試練だ。

しかし、これを乗り越えたならきっといい未来が待っている!

そう思って頑張ろう。